賃貸マンションの一番下の階のメリット

物件選びの時に注意しておきたいことが、きちんとメリットを把握しておくと言うものです。メリットに気付いていないと、せっかくの良い物件を除外してしまうことにつながりますから、注意が必要です。 例えば、賃貸マンションに住むことを選択した場合には、何階に住むか、と言うのが重要なポイントになってきます。そして、よく賃貸マンションの一番下の階に住むのは防犯面で不安があるから住まない方が良い、と言ったことが言われますが、オートロックなどがあっても、入ろうと思えば入れてしまいますから、どの階も同じように危ないとも言えます。 ちなみに、一階は一階でメリットがあります。絶対ではありませんが、上の方の階よりも、下の方の階の方が賃料が安い場合があります。賃貸マンション自体の立地は変わりませんから、安い部屋に住んだ方がお得と言う考え方もあるわけです。 また、その賃貸マンションに備わったオートロックや防犯カメラ、宅配ボックスなどの設備に囲まれて生活できるのは、どの階の住人でも同じですから、やはり安い部屋に住んだ方がお得感があるとも考えられます。 また、一番下の階であれば、移動がスムーズですから、駅までの所要時間が物件情報の通りと言っても良い感じになり、お得でもあります。

3021

マンションに住んでいました

私は物心ついた時には賃貸マンションに住んでいましたので、この住居形態が当たり前だと思っていました。実家のマンションはすぐ目の前に大きなスーパーがあって、ガソリンスタンドやコンビニ、ビデオレンタルのショップなどが徒歩5分以内にすべてあって本当に便利な所でした。ただ1点、駅が車で20分くらいかかるところだったのでどこか出かけるときにはバスで向かわなくてはならなったので不便でした。まあ、地元には私鉄などが無かったので、市内に1つしか駅が無いのが当たり前で、1人1台車を持つような土地ということもあり、バス-電車の生活と言うのは本当に学生の時のみでした。

Copyright ©All rights reserved.賃貸マンションの一番下の階のメリット.